忍者ブログ

倶利伽羅LaL危

ちょっと事情があり、また不具合も見つかったので取り下げた先の動画を修正して上げなおしました。


LaLaL危はなんだか聴けば聴くほどクセになってくる曲です。後半のAliveも、MMDから知った曲ですが、すっかりお気に入りになり、今では作業のお供になっています。

モデルに関してはいろいろと問題点も見えてきますが、キリがないので、先へ進もうと思います。
親バカかもしれませんが、自作モデルはみんな、可愛くって仕方がありません・・・!



拍手

PR

古備前ふぁんくらぶ


春が来た・・・

内番衣装を作ったので、あれこれテストしてみると、この曲とモーションがあまりにもしっくりきたので、そのまま動画を作ってみました。
ほとんどお揃いのジャージですが、着こなしにそれぞれの特徴が出ているようで面白いです。
体型、身長差などは個人的イメージなので、公式設定とは違うかもしれません。
この曲はやはり中華風衣装でも見たかったので、唐突ですが着替えもあります。カンフー映画大好きな私にはたまらないものがあります(笑)。
男性用の、いわゆる長袍を作ってはみたのですが、裾部分の物理がどうしても上手くゆかず、激しい動きや開脚ポーズになると破綻がひどく、何度も試行錯誤しましたが、心が折れそうになりました。結局、オッティ様の素晴らしい衣装が配布されているので、これをお借りして改変しました。
エディターで物理設定をじっくり見せていただきましたが、理想的な動き、布の重さを表現できるような、完璧な設定でした。とても勉強になりました。
大包平の衣装の方は、ジャッキー・チェンの映画を思い出して、作ってみました。彼らしく開襟して着こなしてもらっています。

ところで、この二人用モーションは非常に人間味と躍動感あふれる楽しいモーションです。配布動画は第12回MMD杯に出されています。作者の粉ふきスティック様、本当にありがとうございます!
それから、背景(我本丸)としてお借りした白玉楼も、隅々まで細かい気配りがされており、重厚で立派な造りです。愛用させていただいています。
クレジットとコンテンツリーに記載している以外の背景やアクセは自作です。動画をアップする今日のギリギリまでメタセコでチマチマ作っていたものです。

古備前の二人はなんとも良いコンビだと思います。これからもこの二人にはどんどん内番をこなしてもらいたいものですね。









拍手

Requiem from the Darkness

Requiem from the Darkness~にっかり青江~をニコニコ動画に上げました。     

本来考えているシリーズ物の一部として作ったのですが、他のパートが一向に完成する気配すらないので、とりあえず仕上がった青江の部分だけを切り取ることにしました。
曲とタイトルでおわかりになったかもしれません。某深夜アニメのオープニングのオマージュです。雰囲気が青江のイメージと重なりました。
青江は花が良く似合うと思い、これまで作成した花といろいろ組み合わせを試してみましたが、なにせ動画が短いので、一部だけになりました。
花、石榴、髑髏、水・・・そっと意味を込めています。雰囲気を楽しんでいただければ嬉しいです。

動画内で使用した睡蓮を配布しています。蓮とはまた違った使い方ができるかもしれません。
このモデルはニコニコのコミュニティ(co2136800)で配布しています。

                       MME:ビームマンP様 おたもん様

さて、これから何をしようか、模索中です。

拍手

踊る刀剣の夜

久しぶりに動画作りを楽しみました。
自分の趣味と妄想を詰め込みました。詰め込みすぎて尺が足りなくなってしまいました。
かかった時間はかれこれ1ヶ月近くでしょうか。脳内に映像はあれど、それを表現する技術が全く追いつきません。
また、希望のアクセサリが見つからないものは、自分で作るしかなかったので、それだけで異様に時間がかかってしまいました。実はステージのセッティングは妹に手伝ってもらいました。選んだステージに今度はイメージどおりにインテリアや小物を一つ一つ設置していくのは、楽しい作業ではあるのですがとにかく時間がかかる、疲れる作業でもありました。

 

今回はいろんなモデルやアクセサリを沢山お借りしました。そのおかげで自分の思う映像を作ることができたのです。本当に製作者の皆様には感謝しています。
どのモデルもアクセサリも、その作者の愛情とこだわりがいっぱいに詰まっていることを再認識しました。しかも非常に親切設計です。本当に素晴しいものばかりでした。

 

自分でモーションやポーズを作って痛切に感じたのですが、腕の動き一つにしても思ったところへ持っていくのがとても難しい。今回はモデルに腕IKボーンを入れてなんとか乗り切りましたが、モーション作成者の方々の、高い技術と地道な努力にこれまた感心することしきりでした。

今回はメンバーは刀剣ではなくトランプの中から出てきましたが、あまりじっくり撮るシーンがありませんでしたね。

 
青江はジョーカーで。月に腰掛けるジョーカーにしたかったため、この月からチマチマと作っていたのですが、それを横で見ていた妹は「これは完成は程遠いな・・・」と思ったそうです。
蓄音機も構造がよくわからず、レコードをのせて回さなければいけないのに、うまくMMDエンジンが組み込めず、四苦八苦しました。

いろいろと苦労はありましたが、ちょっとレトロでベタな、自分の見たいシーンばかり入れた動画にできたので、満足です。同じような趣味の方に、ゆる~く楽しんでいただければ嬉しいなと思っています。

動画製作は「自分の見たいものを作る」というモチベーションがすごく大事だと感じます。
素晴しいモデルやアクセサリ、モーションを使用させていただけたことをこの場を借りて御礼申し上げます。

Happy Holiday Season !  そして素敵な夜を・・・



拍手

Pieta


楽しみに購読させていただいていた伊藤龍先生の「Bloody Angel」がついに完結を迎えました。
三成ファンにとっては大変苦しく、悲しい結末でした。でも、戦国BASARA3の世界に於いては関ヶ原の戦いは避けて通れず、西軍(三成)か東軍(家康)いずれかが勝ち、いずれかが負けるのは必然でした。絆と絶望という深くて壮大な物語は未来に希望を繋いで完結しました。


絶望から希望へ、ミケランジェロのPietaとモーツァルトのAve Verum Corpus K.618から
動画はこちら→http://www.nicovideo.jp/watch/sm23720378
光の記憶と共に・・・




 

拍手